DAC
DACの製作記事です
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

MCカートリッジについて
aitbaboではMC用OHONO EQも公表しておりますが、その特徴を概説します。
fullbalance構成で,カップリングコンデンサをなくした完全直結あることは既にお知らせしています。
ここでは終端抵抗について述べたいと思います。
MCの場合通常、カートリッジの推奨終端抵抗値が設定されています、概ね直流抵抗値に近い(若しくは数倍)抵抗値になっています。
これを満たすためアンプの入力に抵抗を挿入するのが一般的なようです。これは微小信号を入力回路の抵抗に消費させることになりS/N劣化の原因になります。
高S/N(LowNoise)アンプであっても信号を入力で減衰させては意味がありません。
カートリッジの抵抗値と同じ抵抗値で終端すれば6dBのS/N劣化になります。

当方はアンプ自体の入力抵抗で終端していますので上記のような実使用でのS/N劣化は全くありません。従って1Ω程度の極端に小さいカートリッジでも支障なく接続できます。fullbalanceなのでハムの発生も殆どありません。

原理は以下のようになります。
高周波アンプに用いられる帰還による入力整合方法を採用しています。
ただ高周波と異なり、低周波のため位相を考慮する必要がありませんので容易に設定できます。
開LOOP利得がAのアンプにRfなる抵抗で電圧帰還すると
入力抵抗 Ri=Rf/(A+1)
となります。
例えば Rf=1kΩ、A=100 とすれば
Riは約10Ωになります。
エミッタを接地したトランジスタで増幅する場合A=100とするには
負荷抵抗が1kΩであればエミッタ電流を2.6mA流せば実現できます。
当方はこのような方法で8並列差動増幅し、より高S/NなPHONO EQを構成しています。

2017/10/19 AM 02:24:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | [製作記事]

デジタルCHデバイダー用DAC
ES9038PRO使用DACを用いたデジタルCHデバイダー用DACを開発しました。
AITはES9018Sでも同様機能DACを提供しましたが、これをES9038PRO仕様に変更したDACの開発依頼があり検討しました。

当初それ程難しくは無いと考え動作確認をした所、電源投入、信号切り替わり、入力切り替え時にDAC間の位相が異なることが判明しました。
SYNCmode,NBW動作でPCM入力時顕著に現れます。
Async動作、又はDSD入力では発生しませんので、この特性を利用して対策を施すようにしています。
一つのDACを設定すると他のDACも同じ設定になる通信と同期機能があると共に内臓SWで切り替えれば単独のDACとしても使用可能です。


このような使用法の方は多くは無いかと思いますが、興味のある方は問い合わせ下さい。

2017/09/29 PM 09:42:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | [製作記事]

ES9038DACについてお知らせ
ES9018S/K2MDACからES9038PRO使用DACに基板差し替えする際、今まで電源基板も専用にする必要がありましたが、検討の結果流用できるようになりましたので新価格をお知らせします。
ホームページよりpdfをご覧下さい。

2017/09/10 AM 12:22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | [製作記事]

ES9038PRO_DAC比較
問い合わせが多くありましたので、以下にAIT製ES9038PRO、ES9018S使用DACと他社製ES9038PRO使用DACの比較表を示します。
また他社製については当方の把握している範囲内ですので、錯誤がありましたらお知らせ下さい。
見難い場合はホームページよりpdfをご覧下さい。



2017/09/07 AM 01:21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | [製作記事]

スピーカーのremote sensing
DAC一体型プリパワーアンプを購入され、その後スピーカー出力のremote sensing回路を追加搭載した方の感想です。

リモートセンシングの追加効果はすばらしいです。
まだ、あまり多くの曲を聴いていませんが、全体的に
以下のような印象です。

・S/Nがさらに良くなった。
・フォーカスがピシッと合った感じがする。
・楽器が生き生きとした鳴り方をする。
・バイオリン等の弦楽器のピチカートの
はじけるような感じが生々しい。


AIT追記
このスピーカー出力のremote sensingはsensing線をスピーカーの入力端子に接続することも可能で、この場合最大の効果を発揮します。(スピーカー配線材による音質差が無くなる)
また当機種はパワーアンプの電源もremote sensing しており、1Aの電流変化で1mV程度の電圧変動になっています。

2017/09/06 PM 08:24:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.