DAC
DACの製作記事です
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

AK4499
AKMからAK4499というES9038PROと同程度性能のDACチップが公表されたようです。

DSD1024は対応できませんが、仕様書から推測すると従来のAKMチップより音質が向上しているように思われます。
またAITの場合ジッター抑圧をFPGAで行っていますので、ジッター抑圧機構がない他社機器より正しい音質になります。

https://www.phileweb.com/review/article/image.php?id=3270&row=16
に説明あります。
ここにある写真の電解コンデンサはAITが当初から採用している
NICHI-CON製KMGシリーズです。

2018/12/13 AM 06:25:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | [製作記事]

ES9038PRO_DAC購入後感想22
ES9038PRO_DACとHEADPHON対応STEREO power購入者様の感想です。


DAC・アンプについて

結論:音質を考えると、高級オーディオ以上の機器に相当していると思います。
   原音再生の技術が結集している機器。

高級オーディオはどちらかと言えば性能とメーカーの味付けの音色がありますが、それと一線を画す機器。
DAC・アンプの性能はおそらくこの性能を超える機器は現状では見当たらず、仮にあったとしても百万円以上を超える金額だと思います。
ガレージメーカーでこの性能と価格ははAIT以外では出せないと思う。

DACの音質・特徴(ES9038PRO)

 ‥杜転送に改造したことによりHP・ブログの説明にある様な聞き疲れがほとんど無く音楽鑑賞が可能となった。
◆.妊献織襯侫ルターが9018Sの時と違い、種類が増えそれぞれに特徴があり使い分ける事で音色を楽しめる様になった。
 見通しが以前の9018Sと比べ更に細かい音まで聞こえる。

アンプの音質・特徴(プリ付きパワーアンプ XLR4Pヘッドホン対応)

 .悒奪疋曠鵑鮴楝海靴燭泙泙任皀螢皀灰鵑農畋悗瞬時に出来る。
◆…名錣離侫ーンプラグ(標準ステレオプラグ3P → XLR4P)を改造してプリ付きパワーアンプに接続した結果
  左右のレンジが更に拡大しクリアになった。 改造は大正解。(オーディオテクニカ ATH-W5000を改造)
  もちろんXLR4Pをオス・メスでそれぞれ改造する事で、従来の3Pプラグも使える仕様。
 低域から高域まで癖が無く自然な音色。高域の解像度が高く低域でのボヤっとした抜け方が無いのでスピーカーのランクが上がったかの様に聞こえる。
  (2〜3万円代の80db程度のスピーカー パイオニア S-CN301-LRを使用 YAMAHA A-S2000と比較)

アンプも同様に全くひずみを感じず低域が出ているのは、スピーカーの制動力が非常に高いものだと思います。
スピーカーの性能を如実に出てしまった為、金額の高いスピーカーに買い替えしようか迷う程です。
ヘッドホンで鑑賞してもバランス接続の恩恵で臨場感が増しているのは非常に満足しています。

DACの電流転送仕様・リモコン仕様はおすすめ。
アンプのリモコン仕様はDACとのリモコン仕様も含め楽に操作可能なのでおすすめします。

角田さんにはヘッドホン改造して頂いて大変感謝しています。今後とも宜しくお願いいたします。

2018/12/10 PM 08:32:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

ヘッドフォン接続
AITパワーを含め、最近ヘッドフォン配線は4線式が多くなっているようです。3線式は接続方法からして4線式に比べ原理的にも音質が劣るからかと思われます。

特にAITパワーの場合BTL方式のアンプですので4線式でないと接続できません。今まではこれを承知していただいた方のみ購入されています。

調査したところ3p式のヘッドフォン配線を切断し、その間にXLR4Pのプラグとジャックを取り付ければ、AITパワーのXLR4Pに接続でき、かつプラグとジャックを直接つなげば従来のPHONOプラグによる3線式接続となります。
難点はXLRのサイズが大きいことです。

ヘッドフォン対応AITパワーアンプ若しくはDACプリ一体型購入者様には安価に改造提供します。


2018/11/11 AM 07:01:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | [製作記事]

ES9038PRO_DAC購入後感想21
ES9038PRO使用DAC購入者様の感想です。

電流転送に設定、専用のケーブルを使いプリメインアンプにバランス接続。

・プリメインアンプ YAMAHA A-S2000
・ヘッドホン    オーディオテクニカ ATH-W5000
・CDプレイヤー   PIONEER PD-70(I2S接続:改造機) 

 〜澗里すっきりとし、見通しが良くなります。9018Sよりも音の輪郭がはっきり聞こえます。
◆9018Sで聞いていた時よりもさらに細かい部分の音がよく判る様になりました。
 DSD1024リアルタイム変換は残響音が自然になり、余韻が生々しい。
ぁPCM変換は音の鋭さが9018Sに比べ更に増している。

 PCM変換、DSDリアルタイム変換はそれぞれ好みがあるかと思いますがES9018Sを超えています。
ES9038 PROに換装して満足しています。AITのプリ&パワーにも思わず手を出したくなってきました。

 DAC到着後、まだ数時間ですがこれから音質が変わっていくのが楽しみです。有難うございました。

2018/11/04 PM 09:09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

お知らせ
2018/11/1頃からaitlaboのホームページ、ブログを閲覧できなくなっていましたが本日から閲覧できるようになりました。

原因は契約しているレンタルサーバーの不手際により、スパムのウイルスに感染し機能不全になったようです。

2018/11/04 AM 02:37:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.