DAC
AIT研究所(aitlabo)の製作記事です
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

DAC/PRE/POWER一体型の感想続報
前ブログの続報です。

以前9018S機を購入する際に9018K2M機もお借りして比較試聴を行ったのですが、差はわずかで好みの差のように感じましたが、今回あらためてK2M機の音を聞いて9018S機と比べて躍動感がより明確になったように感じます。ジャズを主に聞く小生には好ましい傾向です。
パワーアンプの音もまだ数時間鳴らしただけですが、非常に滑らかながら音数が減るような事も無く、下手をすると低域が膨らみがちな所有スピーカーを見事に制動している事に驚かされました。
低域はタイトさと量感を両立するのは中々難しいですが、高次元で実現されていると感じます。
表現は適当では無いかも知れませんが、D級アンプをウルトラスムーズかつ歪み感を皆無にしたようなようなイメージです。
かなり悩みましたが購入して良かったと感じております。

2019/03/16 PM 11:52:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

DAC/PRE/POWER一体型の感想
DAC/PRE/POWER一体型購入者様の着荷第一報です。

まだ音が落ち着いていないですが、低域の量感がありますね。しかも締まっています。

2019/03/16 PM 09:56:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

MJオーディオフェスティバル報告
2019/3/10MJ誌主催のオーディオフェスティバルに参加しました。
来場いただいた方には御礼申し上げます。
多数のお客様と直接お話しできたことは今後設計の一助になるかと思います。
配布した資料を以下にお知らせします。
AIT機器の紹介
MONOパワーはSTEROパワーの高出力型として説明しています。

AIT機器の動作解説

AITの設計方針

2019/03/10 AM 12:00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

MJオーディオフェスティバル
今年のMJオーディオフェスティバルに出展することになりました。
AIT製品殆どを展示する予定ですので興味のある方はぜひ来場してください。

日時、会場は以下になります。

日時、2019/3/10(日) 11:00(10:30 開場)〜18:00
場所、損保会館(千代田区淡路町2-9)
   AITは2階入口近くになります。

他社の出店は
http://www.seibundo-shinkosha.net/mj/

を参照してください。

またMJ誌2019/3にも掲載されています。



2019/02/25 PM 09:45:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

ES9038PRO_DAC購入後感想23
ES9038PRO使用DACに基板差し替え更新された方の報告です。

BR>AIT DAC 9038の動作状況と音の印象をお伝えします。
日ごろから、PCM44.1が一番多く聞くので、この音源を基準にしています。

JPLAY FEMTOは、DDC基盤 F-1(DACに組み込み済), Driver Singxer USB_Audio_Class2-Driver_v4.45.0(表示 ks.usb Audio2.0) , Dual win10PC , DAC Link 1000 , Hibernate mode , Output Latency 2.5ms ,で、おおむね安定しています。透明感のある明瞭な音で音像型の印象です。使用するドライバーにより安定性、音が違います。DSD1024変換で聞きやすくなめらかな音になります。

LightMPDは、upnpgwで、2台のAPU1D4を使用。後発のapu2,apu3では気に入った音になりません。AIT DAC と相性も良くDSD変換がなくても、なめらかでのびやかな音場型の印象。DDC基板 combo384でもゆったりとした音が聞けます。また、クロック兼DDCのMUTEC MC-3+USB(10M接続)を使って光でAIT DAC 9038につなぐと、なめらかで、透明感のある少し引き締まった音になります。

AIT DAC 9038は、再生装置の素性をそのまま表すことのできる希有な存在です。現在、再生装置として多くのハード、ソフトがあります。自分の気に入った音源を、気に入った音で楽しむための再生装置として、AIT DAC 9038は様々な他の機材・装置と組み合わせやすいDACだと思います。音のいいDACです。

2019/02/03 PM 08:11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.