DAC
AIT研究所(aitlabo)の製作記事です
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

ヘッドフォン専用アンプ購入後感想
AITヘッドフォン専用アンプ購入者様の感想です。
DACはES9038PROに基板差し替え更新されるようです。

 以前は、トランスポートにLightMPD(APU1D)でNAS(synology)接続

を使用しAIT製ES9018SDAC+Accuphase E-460でゼンハイザーHD-700

を視聴していました。Accuphase E-460を売却し、AIT製ヘッドフォン専用アンプ

を購入、トランスポートにLightMPD(APU1D)UPNPでNAS(synology)

Minmiserverに接続しAIT製ES9018SDAC+ AIT製ヘッドフォン専用アンプ

でゼンハイザーHD-700(バランス接続)しています。

 音質はAccuphase E-460に匹敵し安価に構成する事ができ非常に満足しています。

次は音量調整が不便なのでリモコン追加が可能か検討しています。

2020/03/17 PM 08:48:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

STEREOパワーアンプ試聴感想
STEREOパワーアンプの試聴感想です。

パワーアンプの印象ですが、音の微妙なニュアンスを引き出す繊細なアンプだと思いました。
うちの環境ではスピーカー横と後方にステージが広がる感じです。高域のきつさがなく(所有アンプは高域がきつい)、ノイズが少ない印象です。
AITプリと所有アンプで聞いた時の前に音が出てくる良さはありませんでした。駆動力なのでしょうか?AITパワー使用時、プリのボリュームは2時位置で、所有アンプ使用時は12時位置で同音量です。
やはり電流駆動が素晴らしいです。

2020/03/10 PM 09:12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

ES9038PRO_DAC試聴感想
ES9038PRO_DACの試聴感想です。

当方、OPPO Sonica DACを所有しており、
同じES9038PROを搭載したDACということでとても興味がありました。
基本的にSonicaとの比較となります。
PC→オプティカル→DAC→HP-A8(オペアンプ交換)→ヘッドホン
ヘッドホンは、byerdynamic T1、AKG K701、FOCAL ELEAR
スピーカーは使っていません。

Sonicaは、高解像度で広い音場が特徴的です。
クリアーでスッキリとした音を耳のサイドまで広く展開します。
それに比べAIT DACは、音に厚みがあって濃く、前方定位で眼前に展開します。
Sonicaは、聞き疲れする鋭さとキンキンした感じが残るのが気になっていました。
AIT DACは、高音も出ているのに聞き疲れする感じがなくて長時間聴いていられる音です。
音が丸いとか穏やかというのとは違い、鋭さや響きも必要に応じて出してきます。
分離も良いので音を細部まで観察することもできます。

Sonicaの音の広がり方に慣れていたので最初は狭いなと感じたのですが、
広さというよりも空間の使い方の違いなんだと思います。
AIT DACは、広がるべき音は広がり、広がらなくて良い音は意味も無く広げない感じがあります。
Sonicaは、音全体が広がっていて取捨選択がありません。
AIT DACの方が、本来曲が表現したい広がり方をしているように感じます。
また、物凄い前方定位感だなと驚きました。
ビシッと揺ぎ無く前方に展開されます。
この空間をコントロール出来ている感覚は凄いです。
Sonicaは、定位が悪いのか少しフラフラする感じがあります。

価格帯は違いますが、同じDACチップでこれだけ違いが出るものなんだなと驚きました。
Sonicaの音にどうも馴染めず、その前に気に入って使っていたHP-A8が旭化成のDACチップだったので、
自分にはESSは合わないのかなと思っていたのですが、そういう事ではないと分かりました。
Sonicaは、ネットワーク機能もありながら10万を切る価格でコスパ最強と騒がれましたが、
単純にES9038PROに頼った音を出しているだけなのかなと思います。
AIT DACは、ES9038RPOをどう動かすのか、どう生かすのかを考えて作られた感じを受けます。
Sonicaは家電製品と言われることがありますが、なるほどなと思いました。

スピーカーだとまた印象が違うかもしれませんが、
ヘッドホンには非常に合うDACなんじゃないかと思います。


2020/02/26 AM 07:09:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

プリとMONOパワーの購入後感想
プリとMONOパワーを購入された方の感想です。


(1).パワー・アンプのGND配線変更&リモートセンシングについて
 ・音の雰囲気の変化が一聴ではっきり判り、お世辞ではなく2グレードアップした印象です。
 ・特に、中音以上が生々しい音になり、弦楽器の音が耳に染み入る様になりました。
  また、ピアノも弦を叩いて音を出しているのだなと、今更ながらハッキリ感じられます。
 ・ボーカルも艶かしい感じに改善されております。
 ・低音は、締まった解像度の高い音となり、コントラバスの弦の響き、バスドラの
  振動がよりクリアーに聞き取ることができます。
 ・一方、録音が良いとは言えないロック、ジャズでは、低音が不足したかなと感じる
  ソースもありますが、これは致し方ないですね。。。
 ・AITアンプの購入を考えられている方は、是非導入を推薦致します。

(2).ブリアンプの発振停止モード
 ・(1)の変化ほどではありませんが、解像度が一段上がったことが判ります。
 ・素の音と感じておりました物が、まだ薄化粧が施されており、発振停止により
  この薄化粧も取り除かれた様な印象で、AITの音が好みの方にはたまらないと思います。
 ・バックグラウンドの静けさが増し、取り込まれそうになりました。
 ・尚、ソースによっては、あまりにも飾りが無さすぎかと感じることもありますが、
  (一部の女性ボーカル)、クラッシックではその様なソースはありませんでした。
 ・不思議ですが、録音の良し悪しにはあまり関係しておらず、ボーカルの生々しさが
  増す歌手と、逆にドライに聞こえる歌手の二つに別れました。(変な話ですが。。。)

2020/01/27 PM 09:29:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

AITステレオパワーのヘッドフォンでの評価
AITステレオパワーにヘッドフォン対応追加した方の感想です。

アンプ受け取りました。
早速ヘッドホンで聴いておりますが、
当たり前かも知れませんがスピーカー出力と同じく
素直で色付けの無い音で大変満足しています。

一応、使用機器です。
トランスポートCEC TL3N(外部クロック使用)
DAC AIT ES9038PRO DAC
プリアンプ Fundamental LA10
アンプ AIT ステレオパワー(ヘッドホン駆動対応)
ヘッドホン Hifiman HE1000se

HE1000seも非常に色付けの少ないヘッドホンで、
もしかしたらモニター調になり過ぎないかと危惧しましたが問題ありませんでした。
色付けが無い事で音一つ一つの表情がよく伝わってくるので本当に聴いていて飽きないです。

2020/01/01 AM 04:28:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.