DAC
AIT研究所(aitlabo)の製作記事です
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

DSD1794基板火入れ
昨日から3枚目の基板DSD1794 搭載基板の火入れを行った。
DIR(CS8416 )も変更したため、少々てこづった。AK4115はmclkが固定周波数で出力できるが、CS8416は256fs倍なのでその部分のFPGA HDL修正に時間がかかった。というのは当基板はfs検出をハード的(SPDIFの周波数データは読んでいない)に行っているため、種々の箇所に影響が出てしまう。
性能はTIスペックに近い値となった。44.1k/96kはAK4399と同程度だが192kHzでのTHDが良くない?(0.0014%だが)、0クロス歪があるようだ。
THD残留成分も高次が多い。
S/Nは他と同様測定限界に近い(114dB以上)
消費電流は最も少ない。(デジタル、DAC系はすべて共通電圧からドロップさせて生成(音質重視にSWREGは危険すぎる)するので、ICの消費電力は意味を持たない。

2011/06/22 PM 02:34:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | [製作記事]









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.