DAC
DACの製作記事です
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

ES9018その3
2×ES9018の基板を設計していました。ES9018のDACとしてのTHD性能はAK4399、DSD1794Aと比べ10dB程度良いようですので他と同様に2DACを準備しておくためです。
OPAを選択すれば余り意味は無いですが、0.0002%も可能でしょう。
またLOCK外れ対策としてES9018のMCLKを音声データに同期した45.1584MHz/90.3168MHz、49.152MHz/98.304MHzをFPGAのPLLで生成(音声に依存するJITTERは除去しています)しているのでその特性を下図に示します。殆ど劣化は無いようです。当然FREERUNの80MHz XOも選択できます。

下図は90.3168MHzの時のJITTER特性です。殆ど劣化はありません





下図は80MHz XO時です、特性は発振器の影響です。専用に設計すれば改善しますが、当基板では意味ありません。参考用です。


2011/08/04 PM 04:20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | [製作記事]









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.