DAC
AIT研究所(aitlabo)の製作記事です
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

BDP-95(oppo)の性能測定
ES9018を2個使用しているOPPO製BDP-95(SN=E250B1112x94x4x1)の性能を評価しました。
測定環境はwave geneで信号を作成しCD-Rにdata fileとして書き込みBDP-95で再生しwave spectraで測定しています。
(sound cardはkonnekt8です)
BDP-95はこのような方法で書き込めば、fsは44.1kHzに限らず、これ以外のfsでも再生できるようです。
THD、S/Nはスペック値を満たしておりすばらしい値となっています。
他社等でも問題になっているロック外れ?は発生します。特にfs=192kHzでは殆ど断続し、上記使用は不可能に近いです。
しかしSPDIF出力でも同じなのでES9018の問題ではないかも知れません。
ジッター特性は発振回路又はPLLの性能か?ES9018の性能を発揮できていないと思われます。
以下に結果を、AIT製DAC(SPDIFに同一fsの同一コンテンツをほぼ同時に測定)との比較し示します。
尚fs=44.1kHzはJITTER信号以外は24bに拡張した信号です。ES9018のTHD特性はfsに余り依存しないので44.1kHz1で代表しています


2011/11/05 AM 11:55:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | [JITTER]









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.