DAC
AIT研究所(aitlabo)の製作記事です
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

JITTERと音質
JITTERと音質については、過去ブログで当方の見解を述べていますが、今までの評価結果から判断すると概ね正しい様に考えています。つまり音源と相関のあるJITTERが大きな要因であって、通信に必要な条件を満たしていれば、それ以上の周波数の精度、安定度等は必要無いと言うことです。
S/PDIF接続は必ず音源の相関のあるJITTERが発生しますので、何らかの方法で除去する必要があります。この時抑圧量は可聴周波数帯で60dB以上あれば音質が大きく改善することが、今までの結果から判明しました。
ES9018のBW=Lowestと当方方式の抑圧量はほぼ同様値ですので、音質改善効果も同様になりますが、方式(当方の場合AFPCorHOLD)が異なるため若干の過補正になり前回ブログのような結果になったと推定しています。
ところがI2S/DSD接続のように音源と相関するJITTER(位相雑音)が少ないCLOCKを利用できる場合は、話しが異なります。音源と相関するJITTERありませんので抑圧する必要がありません、入力CLOCKと同期し、位相雑音が少ない方が種々の特性が良くなり、当然音質劣化も少なくなります。
ΔΣ方式DAC(最近の主流)は位相雑音が大きいとS/Nが低下します。一方、汎用CDPのように27MHzから22.5792MHzを生成している場合は、低域のC/N(搬送波/位相雑音)が悪化します。これを改善するには高いQのVCXO等を用いたAPC(=PLL)が最も効果的です。
これを実証した結果が前回の評価結果となります。
外部CLOCK配線状態(FPGA入力ポート設定)でも、音質が変化することが確認されていますので検証が必要と思っています。

2012/07/01 AM 06:52:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | [JITTER]









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.