DAC
DACの製作記事です
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

試聴感想36
本日頂いた試聴感想です。

まず感じたことはどっしりとした落ち着いた音だなってことです。
そして音数は増えステージが広がりました。
DAC単体での脚色がないと感じました。それが良い方向に作用しているようです。

ジャンルによる相性は余り感じませんでした。強いて言うならばクラシックとの相性が他より良い。特に古い録音のものにはかなりの効果があると思います。迫力と響きが全然違いました。

総評としてはAVからCDまで幅広く効果が感じられたうえにこの値段。非常に魅力的なDACであると思います。今ある機器から余計な色づけなしに更なるいい音を目指したいならベストの選択ではないでしょうか。

2013/04/21 PM 05:13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

PREAMP進捗状況
過日お知らせしましたPREAMPは検討が進んでいます。
定抵抗ATT方式は1.2dBSTEPで-70dB以下まで0.1dB精度で設定可能ですのでGANG ERRORで悩む事は無くなります。
設定方法は通常と同じように回転ボリューム設定としていますので設定値も回転位置記憶になりrotary encoderの様な違和感は無くなります。各設定値にはチャタリング防止を施していますので使用中にリレーがカチカチすることはありません。
同じ基板でmultiplying DAC方式にも対応できますので組立て、性能を測定したところATT方式とほぼ同じでした。リレーの動作音がしないのが利点です。
両方式とも信号GNDと制御回路GNDは完全に絶縁してありますので音質劣化の原因はほぼ排除できます。

さらに電流駆動回路を搭載していますので効果が期待できます。内部SWで電圧駆動にも切り替え可能です。


DAC基板のmaster clock周波数は現在22.5792M/24.576MHzですが、これを2倍の45.1584M/49.152MHzにしたところ音質の改善がありました。FPGAを経由してES9018に供給すると雑音が混入する可能性があるため直接供給するようにしましたので、現状の基板では対応できなくなってしまいました。

2013/04/20 AM 08:48:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | [製作記事]

試聴感想35
キット購入され組立直後の感想です。

取り敢えずレベルですが組立が完了し、基板に通電しまして
初期設定にて音出しをしてみました。問題無く動作しております。
私のDAC基板はエージンクされていたのでしょうか?
最初から厚みのある音がしています。エネルギーが完全に違いますね。
もしこのレベルがエージング前なら、予想を軽く超えています。
私の経験では、良いものは視聴一発目から凄みがありますから。
火入れ直後の感想でした。やはりAIT研究所DACにして、大正解です。

2013/04/16 AM 04:54:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

試聴感想34
最近購入された方の感想です。

あれから毎日AITさんのDACで音楽を聴いています。
背景がとても静かで、一つ一つの音の輪郭が非常にはっきりしています。
音圧も上がった気がします。
お世辞にもよいとはいえない音楽ソースでも結構きれいに聞こえます。
またメニューの操作も思ったよりは操作しやすいです。

文章力、語彙、知識の無さでなかなか感動を伝えられませんが、
低所得の私が貯金すっからかんにする覚悟で29万という買い物をして、
それでも後悔の無い、出費を遥かに超えるだけの価値のある買い物をできたと思っています。

最後になりますが、私の知識、理解力の無さで今回はたいそうお手数をおかけしました。
ずっと根気よく付き合っていただき非常に感謝しております。
これからも優れたオーディオ製品を作っていただけることと思います。
キット販売中心と言うことでなかなか僕には手を出しずらいのですが、チェックはして行こうと思っています。
今回は本当にありがとうございました。

2013/04/10 AM 04:34:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.