DAC
DACの製作記事です
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

DSD512及びPCM384対応DAC
以前ホームページでDSD512及びPCM384に対応可能とお知らせしましたが、ほぼ設計が完了しましたのでお知らせします。

現状ES9018S使用DACとしています。

入力はPCMがfs(Hz)=44.1k、88.2k、176.4k、352.8k、48k、96k、192k、384k
DSDは2.8224M、5.6448M、11.2896M、22.5792M、3.072M、6.144M、12.288M、24.576Mとなります。

DACチップに供給する際のPCM=>DSD変換もDSD128、256、512を選択でき非変換も従来と同様に設定できます。
DPLLのBWがLowestでも正常動作は従来と同様です。

更新はFPGAの書き換えとなりますが、2013/6以降購入された方の基板(基板番号AIT31-3e,AIT31-3f)が変更可能となります。
前記以外の基板については若干の改造をすれば実施可能です。
またPCM384、DSD受信にはUSB又はHDMI入力が必要です、S/PDIFだけの場合は出力がDSD512に追加設定できるのみです。

搭載希望の方はお問い合わせ下さい。

ES9018K2M使用DACについては未検討ですが、受信はES9018Sと同様になります。
PCM出力は全て対応可能で、PCM=>DSD変換時はDSD256迄となります。
理由はES9018K2Mの仕様に依っています。





2015/05/25 AM 09:53:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | [製作記事]

AIT PREの感想です
AIT PREを購入頂いた方の到着後感想です。

土曜日に受け取って昨日から鳴らしていますが素晴らしいアンプです。

見た目はシンプルなもので物量投入もされていないのになぜ
こんなに音がいいのか、卓越した設計思想やコロンブスの卵的な
ことがあるのか、、、ともかくエイジング前から大変なポテンシャルを
感じます。

2015/05/17 PM 04:33:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

パワーアンプ出力増大
昨年、20W×2出力のSTEREOパワーアンプを開発しキット販売しておりますが、これを元に出力増大型を検討中です。
従来機にパワー不足を感じている方等、興味がありましたらメールで問い合わせて下さい。

1 モノラル構成とし、最大出力は約80Wの予定。

2 出力に応じた自動biasでclassA〜B動作可能。

3 実効出力を数字表示、負荷抵抗に応じ表示電力も変化します。

4 完全なBTL構成、出力トランジスタのエミッタ抵抗無し等は従来機と同じです。

5  THD+N(20kLPF)=0.0007%程度(50W,1kHz)、10W時の6kHz以上のTHDは従来機より良好。
   S/N(A)=130dB(FULL POWER時、入力換算雑音は従来機と同じ)
   周波数特性、DC〜300kHz程度     

2015/05/14 AM 05:27:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | [製作記事]

試聴感想118
ES9018SDACの試聴感想です。
この方からキットの組立難易度を尋ねられました。
AITのキットはプラモデル組立程度で、ハンダこてを使用しないでも組み立てられます。購入者様全員が正常に組立てております。

昨日、試聴機を返送させて頂きました。ありがとうございました。
非常に優れた解像度を持ちながら、高音の刺さりもなく、
音場の広さも損なっていない素晴らしいDACだと感じました。

2015/05/14 AM 04:51:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.