DAC
DACの製作記事です
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

パワーアンプ試聴報告9
STEREOパワーアンプを高音質化改修を実施した方の感想です。

改造されたパワーアンプですが、想像以上の
効果がありました。これまででも満足していましたが、
家に持ち帰りシステムに繋げて音出しした瞬間に
前よりもより澄んだ音になり、フワッと拡がる音に
感動しました。

DACだけでなく、パワーアンプも購入後に安価に
バージョンアップしていくというのは
オーディオマニアには堪らないです。
今後も楽しまさせていただきます。


2016/03/24 AM 03:47:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

PHONO EQについて2
先日お知らせしましたFULLbalance型PHONO EQの試作が完了しました。バッテリー充電機能がついており充電中も動作しますが、バッテリー駆動(ACはOFF)の方が音質が良いようです。
音質は期待していた通りですが、balance接続の効果が十分発揮できています。
LP再生は必ずハム雑音に悩まされると思いますが、AIT PHONO EQはFULLbalance型ですのでシールド線を接続しなくてもハム発生が殆どありません。
測定でも、シールドせずにAcurve 補正なしでS/N=70dB程度になります。
Acurve 補正後の入力換算雑音レベルは-152dBVと変わりません。

AITbalanceの様に差動アンプで構成時は、posi/neg出力それぞれにneg/pos入力の雑音が混入しますのでsingle動作より6dB雑音が大きくなります(差動アンプ構成で無ければ3dBです)。
つまり-152dBVはsingle動作換算で-158dBVとなります。
ただ競争が激しかった往年の最高性能は-160dBVの様です。

2016/03/02 PM 03:55:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | [製作記事]









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.