DAC
DACの製作記事です
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

ES9038DACの試聴感想8
ES9038PRO使用DACの試聴感想です。

9038dac、いま使っている9018dacより一段上の音楽を聞くことができました。
音の広がりは、高域から低域まで素晴らしく、音像がしっかりしていて、
あたかも目の前で演奏してるかのようです。
普段聴く音楽が、ジャズのECMレーベルが多いので、ミュージシャン同士のインプロが手に取るよう聴き取れます。
リアルタイムでの1024DSD変換は素晴らしいです。


2017/03/27 AM 06:26:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

DAC付き/プリ/パワーについて
DAC付き/プリ/パワーの検討がほぼ完了しました。
仕様はブログに紹介した内容から変更有りませんが、DSD1024は搭載します。
入力はUSB,HDMI,S/PDIF同軸2,光2が最大、オーディオ入力1
出力はDAC復調出力、スピーカー出力(BTL)。
全てbalanceのみですのでunbalance時は変換コネクタ等を使用するようになります。

今までAITが発表した単体機の機能性能は全て盛り込んでおり、音質もひけを取らないとの評価になっています。

興味のある方はHPよりメールで問い合わせて下さい。
試聴も可能です

2017/03/26 AM 04:28:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | [製作記事]

ES9038PRO使用DAC購入後感想6
ES9038PRO使用DAC購入者様の感想です。

AITから9038pro使用のDACが発売された。

9018Sを使っている身としては目の上のたんこぶというか、気になるけど

そんなに変わらないだろう、とずっと自分に言い聞かせていた。

ところが、親しいオーディオ仲間が二人(一人はK2M)とも9018から9038に鞍替えし、9018を聞かなくなっている状況を目の当たりにし、これはもう買うしかないと毎日呪文のように繰り返していたら、結局注文してしまった。


人間勝手なもので、いざ買ったのだから、前の機器(9018)よりも明確な差があって欲しいと願いながら試聴した。

その願いは杞憂に終わったと言わざるを得ない。

つまり9018との差が想像以上にあったのだ!


まず、圧倒的な静寂感だ。背景が黒くなる等と表現するのが今風のレビューに

なるのか、ともかく無響室に居るのかと思うくらい音の間に静寂が訪れるのだ。

この静寂は副作用をもたらす。そう、ローレベルの再現性に圧倒的な効果を発揮する。

バイオリンの弱音の消え入るような響き、シンバルのとてつもない残響音の長さ、音の表現がまるで違って聞こえる。

そして前後の情報や奥行きも9018と大いに違う部分だ。ホログラフィックな音像がスピーカ中央や周辺に出現し、前後左右広大な音場がまるで球体のように眼前に広がるのである。こんな音はかつて聞いたことが無い!

一瞬、左右の位相を間違えたのかと思うぐらいだ。

これほどハイレベルな進化を遂げているのに更に嬉しい誤算?があった。

音色がすこぶる良いのである。中低域にエネルギーバランスの中心が備わっており、これ見よがしな高域の伸びは感じられない。実に自然でウォームな帯域バランスなのである。

以上はDSD1024モードだが、PCMモードでも上記の感想はそこまで変わらず、

もう少しストレートな感触になる。好みで使い分けるのが良いのかもしれない。

9018を使っていて、9038の出現で迷っている方が居たら是非こう言いたい。

迷っている場合じゃないです、と。





2017/03/24 PM 11:42:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

ステレオパワー試聴感想
AITステレオパワーアンプの試聴感想です。

SP:ATC SCM100
PRE:LINN akurate kontrol/k
PW: ayre v-3
cdp:maranz sa-14s1
現行のパワーアンプとの比較ですがS/Nの良さに驚きました。
弱音時の表現力が卓越していて、音量を絞っても音が痩せません。
20万円台で購入できるアンプの音でないと感じました。
中低音に関しては量感は減ったように感じましたが、ジャズやロックのベースラインが
明瞭に聞こえ、好ましく感じられました。
音場に関しては広くはないものの、SPの間に正確に展開するようで
クラシック音楽を聞く際には、このパワーアンプの美点が顕になるようです。
発熱は現在使用中のアンプに比べると大したことはありません(ほのかに温かい程度)
使用中クリップすることなく日常的な音量では十分なパワーです。


大変コストパフォーマンスに優れたアンプだと感じました。

2017/03/23 PM 10:14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

ES9038DACの試聴感想7
ES9038PRO使用DACの試聴感想です。

ESS9038PROの感想としましては、
9018Sよりさらに音が前面にでてきて、低音の力強さも増しており
かつ、滑らかな印象です。有難うございました。

2017/03/20 AM 02:14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

ES9038PRO試聴感想
掲題の試聴報告とAITステレオパワーの感想です。

S機のときも感動しましたが、ES9038PRODACは、さらに大きな改善を感じました。解像度が上がり、音場も広がりました。また、バイオリンやピアノの音色がさらに美しくなりました。
いろいろなDACを聞いてきましたが、このDACは圧倒的です。
使用システム
B&W802SD、エソテリックA-02orAITlaboパワー、AITlaboプリアンプ

パワーアンプ:
試聴させていただきありがとうございました。
こちらも、以前聞いたバージョンからだいぶ変わったと感じました。
具体的には、解像度と静寂感が向上していました。

2017/03/13 AM 02:43:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

DAC付き/プリ/パワーのDSD1024
先日ES9038PRO使用DACにDSD1024を搭載したと記載しましたが
首記機種にも搭載できないか確認しました。
DACチップはES9038ではありませんが、動作状態がES9038PROと同じようでしたのでDSD1024に変換し入力したところ正常に動作しました。
ESS代理店に問い合わせたところ動作保証はしないが公表は差し支えないとのことでした。
試聴報告ではDSD変換次数が上がるほど音質が向上する様ですので
首記機種にも搭載する予定です。
また前ブログに有るように音質重視の観点から音量調節はDACチップのアッテネーターを使用せずコストが上がりますが乗算型DACを用いるようにします。

2017/03/01 AM 12:46:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | [製作記事]









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.