DAC
DACの製作記事です
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

AITプリアンプについて
AITプリアンプの音質向上策を施した方の感想です。
今まで十分な音質と思っていましたが、他社の超高級プリと比較して多少劣るとの評価を受けましたので、回路を調査し改良しました。
以下はその改良後の音質評価感想です。
購入者様でご希望の方は改修しますので問い合わせてください。


音の見透しが非常に良くなりました。
その結果、音の粒立ちがとても、クリアーになり、さらに細かいニュアンスが聴き取れるようになり、
リアリティが増しました。
気が付かなかったのですが、今までは、やはり、薄い霧のようなものが有って、それが取り払われた景色のようです。

今回の改修結果については、自分の耳で聴き分ける事が出来るか自信が無かったのですが、
かなり、大きな変化だったので、直ぐに判りました。

もしかしたら、静寂感の違いとは、この当たりなのかもしれませんが・・・

感激です。有難うございました。

2017/11/23 AM 04:28:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

AIT機器の評価について
ある展示会若しくはブログ等で当方機器の性能を測定し、設計に疑義があるかのような記事を見かけました。

当方は性能は重視しますが、音質を犠牲にしないようにしています。
音質評価は当方関係者(30才代複数)の感想と試聴機評価で共通する内容を基準にしています。
少なくともDACについては購入者様試聴者様を含め100名以上の方から同様な評価を受けております。(試聴感想ブログを見ていただければ分かると思います)

AITDACは独自のジッター抑圧方法によりジッターの無い、また十分なヘッドルームの確保でオーバーサンプリングによるクリップ歪を解消しています。
この効果は高性能なアナログ機器と同じような音質になりますが、測定S/Nは若干犠牲になります。

逆に音源に依存するジッターがありヘッドルームが無い場合は低域が誇張されきらびやかな音質 所謂デジタル的な音質になるようです。

ES9038PRO使用DACは両者設定可能です。

2017/11/20 AM 03:21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | [製作記事]

ES9038PRO使用DAC購入後感想8
ES9038PRODAC購入者様の感想です。
主にPCM音源をDSD1024に変換して鑑賞されています。
ES9018S機を基板差し替え更新しています。

音は肌触りというか楽器の細かいニュアンスを表現して、バックの楽器の

表現力も抜群なのでどの楽器に注目して聴いても大変楽しめます。

今までに経験したことのない表現力です。

持っているソースを全て聴きなおすようそそのかす能力だと思います。


2017/11/09 AM 12:20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

ES9038DAC、プリ、パワーの評価
AIT製ES9038PRO DAC、プリアンプ、パワーアンプを購入された方の使用後感想です。


9038ProDAC、パワーアンプ、プリアンプともに
快適に使わせて頂いております。
アンプについては様々なアンプを試してきましたが、
今はAIT様のパワー・プリばかり使っており、もうこれで
ゴールで良いと思っています。

良い品物をご提供いただき、ありがとうございました。


2017/11/04 PM 10:00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]

DSD1024の評価
ES9038PROに搭載しているPCM=>DSD1024についての評価です。

エージングはまだ20時間前後とスローペースですが、
実は現時点でも9038機のDSD1024は高評価です。
9018機では最終的に解像度が最も高いPCMを選択しましたが、
9038機では只ならぬ滑らかさと空気感を得られるDSD1024を標準としました。
今回は相当厳しくアラ探しをしても解像度の低下等のデメリットがなく、
現時点でもDSD変換で得られるメリットのみを享受できる印象です。


以下AITコメント
AITのPCM=>DSDrealtime変換はPCM及びDSD入力をFPGAでrealtimeにDSDに変換する機能です。
受信可能なPCM,DSD信号をDSD128/256/512/1024/OFFに瞬時切り替え若しくはPON設定で使用できます。
ES9038PRO使用DACとDAC一体型プリパワーアンプに搭載しています。
LOCK外れ、異音発生等は一切ありません。

2017/11/02 PM 08:48:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | [試聴結果]









(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.